気ままに作る子供服。

2014年生まれの息子と2016年生まれの娘、2018年生まれの娘の服を、全部手作りするのを目標にハンドメイドしてます。

お餞別にサニタリーケース。

3月30日、いつものように幼稚園にお迎えに行ったら、息子を担任してくれていた先生が出てきてくださり言われました。

「私、明日で退職するんです。息子君にはもう会えませんか?」

えええ~~~そうだったのですね…知りませんでした…明日必ず連れてきます!

ということで翌31日の夕方、お迎え時に息子を連れて先生にお別れに行ってきました。

園だよりでも何も書いていなかったから知りませんでした。

しかしに行ってみると、園庭には情報通のママ達&その子供達が大量に順番待ち!

行列になって、先生とのお別れを惜しんでいました。

ママ達のネットワークすごすぎ…みんなつながっていたんだなぁ…

私は先生から聞けなかったら知らないままお別れとなってしまうところでした。

息子よすまぬ…。

しかし息子の人徳?のおかげでちゃんとお別れが言えてよかったです。

息子はお手紙を書いていたので、私も何か…!

と思ったんですけど一夜漬けで作れそうなものがサニタリーケースしかなく、急いで作りました。

f:id:hiyoko1222:20220405132831j:plain

20代後半で、猫を飼っているかわいらしい先生なのでこんな感じのチョイスで。

f:id:hiyoko1222:20220405132833j:plain

シンプルにラッピングして、お手紙を添えて渡しました。

他のママ達は数人でお金を出し合って大きな記念品とか、個人でも大きな花束とか、豪華にプレゼントしていました。

アイドルの卒業式ってこんな感じなのかな?

卒園生&その親が押しかけたから広い駐車場が満車になっていてビックリしました。

優しくてかわいくて子供達に大人気の先生。私たち夫婦もその笑顔と柔らかな口調に日々癒されていたので寂しくなるなぁ~。

どうしてこんなに人気だったのかな…って考えるに、機嫌がない人だったのですよね。

私は人の機嫌に敏感な方なので機嫌の波がある女性は苦手なのですが、この先生はそういうのが全くなく、稀有な存在でした。

年下なんだけど見習いたいしなやかな心の在り方の人でした。

先生はこのブログご存じないですが、新天地でのご活躍を心よりお祈りしています。

 

☆彡 2022縫物カウント☆彡
子供服 10
大人服 
マスク 
小物 3(+2)