気ままに作る子供服。

2014年生まれの息子と2016年生まれの娘、2018年生まれの娘の服を、全部手作りするのを目標にハンドメイドしてます。

布買い自粛100日達成とフレアT。

3月12日からスタートした布買い自粛、6月20日をもちましてめでたく100日となりました~(拍手)!!

100日我慢したらご褒美に何か買おう!

と思っていたんですけど、50日超えたあたりからスーッと禁断症状も抜けてきてあまり買いたい欲がなくなりました。

 

布の価格高騰も後押ししてくれたように思います。

布、足りなきゃ買うしかないけれど、家に死蔵されたものが沢山あるのです。

そもそも、なぜこんなに布を買ってしまったかというと、作品を販売しようと思ったからです。

何を作っても生地は少しずつ余るので、その余りで別の作品を作って売って、次に布を買う資金にしようと思ったのです。

しかしそのうちに、余った生地で作ったものを売るのではなく、売るために布を仕入れたくなり、どうせなら多めに買った方が単価が下がるよね~という考えになり、長尺だったり、色ち買いをするようになってしまいました。

近所の雑貨屋さんに置いていただいたり、ハンドメイドショップに委託していただいたりしましたが、雑貨屋さんは閉店、ハンドメイドショップも価格競争についていけなくなり、やめました。

 

例えばハンドメイドショップでは、委託料3300円/月で、売れたら売上の20%を上納するシステムでした。

それがいつの間にか上納が35%になっており(契約を更新した覚えはありません)。

仮に月に10000円売れた場合、3500円は上納です。

更には委託料3300円も差し引かれますので、私の手元に残るのは3000円…!

 

10000円分の商品を作る手間とか、売れない在庫を抱えるリスクとか、材料費とか考えると、とんでもなく大赤字!と気づいてあわてて撤退という流れです。

 

ネットで販売するにも写真を撮ったり、掲載したり、お客様とのやりとりもなかなか大変…。あまり遅い時間にメッセージを送るのもどうかな…と思う一方で、コアタイムは仕事と家事育児に追われて丁寧なやりとりも難しく。

明るい時間に家にいないので、いい商品写真を撮るのも困難です。

そしてこちらも価格競争が熾烈で、私が買える単位での布の原価を計算すると、よく売れている販売価格についていける気がしないのです。

 

それでも自分が作ったものを手に取ってもらい、買ってもらえる喜びはプライスレス☆彡

 

なのですが、販売に力を入れることによって失うもの(睡眠時間や子供と過ごす時間、気持ちの余裕)などを考えると、これ以上家に布を増やすのは得策ではない、と心から思えるようになりました。

販売用に作って失敗したやつとか、売れ残りを我が子に着せるというのもなんだか本末転倒だよな~ということにも気づきました。

買ってストレスを発散したり、沢山売れるのを夢見たりして現実逃避気味でしたが、買うのを我慢したことによって、家の布と真摯に向き合ういい機会となりました。

そんなわけで、引き続きしばらくは家にある布を消費していきたいと思っています。

 

さて。

夏服不足が顕著な長女に捧ぐ一枚。

生地 slowboatさん

型紙 toco.さん

ずっと気になっていたのですが手が出せず、セールになった瞬間飛びつきました。

この吹き出しと英語、パープルとピンクの組み合わせが可愛すぎです♪

最近田んぼにサギが沢山飛来しています。

シラサギの雛かな?と思っていたのですが、どうやらアマサギという別の種類のサギのようでした。

 

☆彡 2022縫物カウント☆彡

子供服 19(+1)
大人服 1
マスク 
小物 68

布買い自粛 101日目(2022年3月12日から)