気ままに作る子供服。

2014年生まれの息子と2016年生まれの娘、2018年生まれの娘の服を、全部手作りするのを目標にハンドメイドしてます。

出産祝いその4。全員集合!

先日肛〇科へ行ったんです(いきなりビロウですみません)。

まず看護師さんに問診してもらったあと、

「スタンバイしてベッドに横たわってください~」って言われて横たわるとカーテンが閉められ、ドクターがカーテン越しに内診。

一緒に同じモニターを見ながら「ここがこうなってて~」などと患部についての説明を受けました。

そして「服を戻してください~」って言われて戻して、椅子に座ったら、

カーテンがジャーン!と開いて「あ、どうも~」って感じでドクター登場。

「あ、初めまして。よろしくお願いいたします~」って感じで私も挨拶。

更に詳しい症状などの説明を受けながらも、

 

出会いの順番、これでいいの?

 

ってずっと考えてました。

いやでも、まず問診受けてから「さーて、じゃぁ診てみますかね!!」ってなるのも微妙に恥ずかしいしな。

しかしファーストコンタクトが患部って…ねぇ??

しかも結構同年代っぽい先生だったので気恥ずかしさ∞。

でもまぁ効率とか考えるとそれが一番早くて良いのでしょうね。

婦人科でも病院によって様々なので、いつも考えてしまいます。

 

というしょうもない話。

 

さて。

先日からコツコツと作りためてきた出産祝いが出揃いました。

サイズ感はこんな感じです。

布バスケットにざっくり入れてみたところ、容量的にこんな感じ。

これをどうやってラッピングするのか。

それが大問題です。

 

土手を散歩していたら、雑草に混じって食べられそうな菜っ葉的な葉っぱも。

菜の花が沢山咲く場所だから、菜っ葉として食べられるのかもしれない…

深刻な食糧難になったらここに摘みに来ればどうにかなる…?

その気になればバッタも沢山捕まえられそうだ…

なんてことを考えながら歩いております。

 

☆彡 2022縫物カウント☆彡

子供服 34

大人服 6
小物 159