気ままに作る子供服。

2014年生まれの息子と2016年生まれの娘、2018年生まれの娘の服を、全部手作りするのを目標にハンドメイドしてます。

裁断済みを仕上げていこうキャンペーンその2。

マスクですー。

市販のものもだいぶ流通していますが,まだ作っています。

いくら洗えるとは言っても,洗い替えに枚数が必要だし,思ってたより消耗品です。

 

f:id:hiyoko1222:20200826114109j:plain

まだまだ残暑厳しいので,内側は冷感素材のものをメインで。

秋冬はまたダブルガーゼなのでしょうかねぇ?

しじら生地や綿のレース生地の中途半端なハギレもこれでほぼ使い切りです。

ハギレはじゃんじゃか処理できるのだけど,結局なんやかんやで買っちゃってます。

これが良くないのは分かってるんですけどねー。

自分服を縫えば減るんですけどねー。

今年は夏用自分服のパターン(及び生地…←)も買ったのに,作らないまま夏が終わりそう…

っていうか,暦の上ではもう秋ですね~。

来年に持ち越しか…

f:id:hiyoko1222:20200826114048j:plain

昨日の帰り道~。

天使の階段がきれいでした☆彡

 

昨日の夕飯時,私が熟れすぎて黄色くなったゴーヤ(苦みが抜けて案外おいしい)を炒めて食べているのを見た息子,

「去年は僕たちが夏休みでばぁばのおうちに行ってる間,パパがゴーヤを採らなかったから,帰ってきた時にいっぱい黄色になって下に落ちてぐちゃぐちゃになってたよね~」

って。

確かに夫は私が子供達を連れて実家に帰省している間,毎日仕事で明るいうちに帰宅することはなく,ゴーヤは全部熟れて落ちてました。

が,私はそのことについて一切夫を詰めなかったし,子供達に愚痴ることもなかったし,ただ淡々と落ちたゴーヤの掃除をやったんですけどね。

…見てたんかい!

そして,覚えてたんかい…!

彼はその時,特に何も言わなくても色々感じてて,それをずっと覚えてた…ってことはですよ。

私の布山見て,何も感じていないはずがないわけで…

 

息子…恐ろしい子