気ままに作る子供服。

2014年生まれの息子と2016年生まれの娘、2018年生まれの娘の服を、全部手作りするのを目標にハンドメイドしてます。

切羽詰まっている入学準備でまいにちTシャツ。

先日久しぶりに散髪に行ったら,同年代の男性美容師さんから,

「hiyokoさんみたいな農耕民族が来てくれるとホッとします~」と言われ,じーんと心にしみました。

そう,私は農耕民族なんですよ。

なのに社会人になって,狩猟民族が集まる職場ばかりにいるから辛いんだ…。

ということに気づいたんです。

じゃあ,農耕民族な職場ってどこだろう?

と考えると,農業とか公務員…?ハンドメイド作家?

まぁ,漠然として思いつかないわけですが。

最初に勤めた業界も,今いる業界も,狩猟民族ということだけは確かでした(泣)

職業選択って本当に大事だなぁ。

適性を見誤ると,辛い人生になりがちですね。 

f:id:hiyoko1222:20210322131005j:plain

前職では女性ボスが大変戦闘的でした。

戦闘的な職種なので,その刃が外に向いているときは味方はみんなHAPPYだったわけですが,いったん内に向くと身内はどんどん傷ついて心を病んでいきました。

ある人は毎日ゴミ箱が髪の毛でいっぱいになるぐらい,髪の毛を自分でむしってしまうようになって,ある日突然やめていきました。

ある人はボスの目の前でメンタルクリニックに電話して予約を取らされ,鬱と診断されて退職に追い込まれました。

ある先輩はボスからある日突然,一人だけランチに誘われてついて行くと,「あなたみたいに社交性のない人間は他では通用しない。うちだから雇ってやっているんだ」とランチの間中なじられ,以後,ボスが「あなた」という言葉を使うたびに,全身でビクッってなってしまうような精神状態に追い込まれました。

私も例にもれず,しょうもないことでみんなの前で立たされて叱責,とか,挨拶の声が小さい!とか大きすぎる!!とか,ボスに声をかけるタイミングがおかしいとか,発達障害と決めつけられて(※ボスは医師ではありません)差別される,だとかのフルコースを経験し,尊厳ズタボロにされました。

大人になってから,しかも30越えてからみんなの前で叱責ってかなりこたえるんですよね…。

30過ぎて,涙こらえきれず,公衆道路を泣きながら歩いて帰宅とか,普通に考えてあり得ないですよね。

辞めるとき,その先輩は「助けてあげられなくてごめん。だけど,逃げる脚力が残っているうちに脱出できてよかったね。私はもう腰が抜けて動けない。このまますがって生きるしかないわ。hiyokoさんは,またどこかで誰かを支えてあげてね」と言ってくれました。

f:id:hiyoko1222:20210322130940j:plain

美容師さんの言葉でそんな日々を思い出したのでした。逃げられて良かった…。

写真は近所に菜の花を摘みに行った時のものです。 

 

さて。

かなり急を要している息子のトップス作りです。

f:id:hiyoko1222:20210318131003j:plain

型紙 toco.さん まいにちTシャツ

生地 check&stripeさんの天竺

f:id:hiyoko1222:20210318131006j:plain

ハギレでしたが120サイズがギリギリ取れて,綺麗に使い切れて満足です。

f:id:hiyoko1222:20210318131009j:plain

後ろに大きめの刺繍タグをひとつ。

 

縫物カウント
子供服 26(+1)

大人服 4

マスク 186

小物  81

 

☆彡作るものリスト進捗☆彡
息子(新小1・私服登校)
~小物類~
ハンカチ 10枚
ティッシュケース 5個
ランチョンマット 5枚 
マスク 10枚
給食時のお手拭き 5枚
給食袋 3枚 残り2枚
座布団カバー 1枚
体操服入れ 2枚
 
~衣類~
長袖Tシャツ 5枚
半袖Tシャツ 5枚 残り4枚
長ズボン 5枚
ハーフパンツ 5枚
肌着 5枚
 
長女(新年中・制服登園)
~小物類~
コップ袋 1枚
 
~衣類~
制服スカートの下に履くスパッツ 5枚 残り2枚
(余裕あれば)ポロシャツ 3枚
 
二女(新年少・私服登園)
~小物類~
登園バッグ 1個
体操服入れ 1枚
お着替え袋 1枚
 
~衣類~
(余裕あれば)ボトムス 3枚くらい 残り2枚くらい